« なごや大須・桃太郎独演会 | トップページ | 日本の話芸 »

柳昇師匠いつもありがとうございます

Photo

   虎ノ門の『東京落語会』で金馬師匠と

 
 昼、TBSラジオを聞く。ゲストは、プロ野球3千本安打の日本新記録を持っている張本勲さん。私は元々、この人のファンなので、楽しかった。

張本さんは、人生を振り返って、「苦しいことが85%で、楽しかったことは15%です」と言ったのには、驚いた。

 私はどうだろうと考えてみた。張本さんほどではないが、私も人生振り返ってみて、「苦しい筝が70%、楽しい筝が30%」というところだろうか。みんなそうなのであろう。

あの大スターだった長嶋さんや王さんでも、病気で苦しんでいる。赤ちゃんが生まれてくる時、オギャーと泣くのは、これから苦しい事が待っているから泣くのだという事をいう、昔の偉い人もいる。

 

Photo_5 私は夜寝る前に、その日に起きた楽しい事を想い出してから寝る。何でもいいのである。今日美人を見たとか、そばが上手かったとか、日本ハム大谷が165キロ投げたとか、じっくり想い出す。そして、深呼吸を5回してから、寝る。

れでも、イヤな事も想い出すが、それはそれで良いのである。人間なるようにしか、ならないのだから。

 困った時によく思い出すのは、友達で60歳で亡くなった、古今亭志ん五さんが言っていた、「運命だから、仕様がないよ。」という言葉と、七代目柳橋師匠が言っていた、「何があったって、驚くことはないよ。殺されるわけじゃないんだから。」という御二人の言葉である。いつも、励まされている。

 それにしても、今思い返してみても、戦争に行った人たちというのは、すごいなと思う。いつ帰るかもわからない、外国へ行ったのだから。芸協の亡くなられた落語家でも、師匠柳昇、先代文治師匠、円右師匠、夢楽師匠、小円馬師匠、小南師匠、先代柳好師匠、この師匠方に、もっと敬意を払っておくべきだったと思います。

特に、師匠柳昇には逆らってばかりいて、誠に申し訳なかったと思います。今、謝罪しても、許してもらえるでしょうか。私もあの世へ行ったら、師匠には深く謝罪して、又、弟子にして頂きたいと思っています。

 

 また、他の師匠様方には、生意気な私が、無礼な言動を取ったこともあると思いますが、ここでお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

 私と違って、小遊三さんは、やはりエライと思う。師匠方にいつも敬意を払っていた。そして、師匠方に好かれていた。

私も生まれ変わったら、小遊三さんを見習って、素直な性格になって、前座からやり直したい。

 

◎オフィスエムズ加藤氏企画の

Photo_3なごや大須演芸場桃太郎独演会は、11月12日(土)開演6時30分です。

岐阜出身のA太郎と二人で、落語二席ずつと、トークショーです。

どうぞよろしくお願い致します。

お申込みは、オフィスエムズ03-6273ー7403http://www.mixyose.jp 

チケットぴあ0570-02-9999(Pコード453-912)

 

 にぎわい座で、東京かわら版の田村直規さんに、A太郎と共にインタビューを受ける。この田村さんは、とても良い人で、善人である。

私の「カラオケ病院」を聞いて、「桃太郎さんは、落語だけでなく、歌にもフラがある」と言ってくれた。こういう褒められ方は嬉しかった。田村さん、ありがとうございます。

 

 事務局の片岡氏にも電話する。昇太が、浅草12月6~10日の昼トリを取るので、そんな事を話す。

 ところでその片岡さんだが、とても変わった。何が変わったかというと、滑舌がとても良くなったのである。スラスラしゃべる。アナウンサーの様だ。私は、片岡氏が落語のケイコをしてるんじゃないかと想像している。

 

 Photo_2オフィスエムズ加藤氏企画の『長講三人会』は、いつも楽しい。さん喬・権太楼さんの本格に、桃太郎の変格と、バランスのとれた落語会です。

だいたい同期なので、楽屋で話すのが、本音でしゃべれるので、とても楽しい。

 次回は、12月20日(火)日本橋教育会館夜7時開演です。

 お問合せ

オフィスエムズ03-6273-7403 http://www.mixyose.jp  

 千川駅前のお花屋さん

Photo_4 六本木のカラオケスナック「寿限無」の城野氏が、新宿末廣亭に俺を訪ねて来る。いつも女性を連れて来るが、今回はいい女だった。あの人に、もう一度会ってみたい。城野さん、よろしく。

 今考えてみると、俺もよく落語家なんて不思議な商売に入ったと思う。だけど、先代文治師匠とか俺は、他の商売ならダメだったろうね。

それでも落語家の中にも、他の商売でも充分やっていける、落語家になったのは、もったいないんじゃないかという人もいる。

それでは、その芸協ベストテン

① 歌 丸  歴史家 知識は半端ではない。

② 柳 昇  都議会議員 バイタリティー、勉強家、マメさ、間違いない。

③ 小遊三  国会議員  間違いなく大臣になっている。

④ 鯉昇・昇太 よろずや 何をやっても、成功するタイプ。

⑤ K     性玩具研究家、実験家

⑥ 昇 々  舞妓さん  女に成りすませば、売れっ妓になる、Bも通い詰める。

⑦ 慎太郎  冒険家  ベトナムの田舎に二ケ月居て、帰りたくなかったというから、驚く。

⑧ 文 治  美男子追っかけ先生

⑨ A太郎  時代劇役者、ホストクラブのホスト

⑩ FとK   先祖代々の女性探検家

 

 小山敏文さん、「ボルサリーノ」のDVDありがとうございます。

今度は、「山口組三代目」と「県警対組織暴力」をお願いします。

|

« なごや大須・桃太郎独演会 | トップページ | 日本の話芸 »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

ビックリしたぁ私は柳昇さんも大好きで生では聞けなかったがCDやDVDで楽しんでます、でも落語を好きになる前から柳昇さんの事知ってたんですよね、「究極超人あ~る」を見てて柳昇さん校長やってたから、アニメでも好きで落語でも好きでビックリしたぁ。

投稿: なまけもの | 2017年6月27日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なごや大須・桃太郎独演会 | トップページ | 日本の話芸 »