« 名古屋寄席 | トップページ | 「お茶の間寄席」と「桃ちゃんの人生相談」 »

皆さんありがとう

Photo_9 昇太が、娘の結婚祝いに、ティファニーの高級時計を買ってくれた。値段は聞いてはいないが、相当高価な時計だと思う。

この事が、ニッポン放送の『ラジオビバリー昼ズ』で評判になって、これを聴いていたらしい高田文夫さんからも、高価なお祝いの品を贈っていただいた。高田先生、昇太先生、ありがとうございました。

名古屋の山田弁護士先生からも、たくさんお祝いを頂きまして、厚くお礼申し上げます。

それから、お祝いや祝福を頂いたすべての皆様、ありがとうございました。

 

 昇太には、二ケ月前に、「俺がマイナス思考だ」と注意された。もっと早く言ってもらえれば、良かったと思う。

確かに、俺は「マイナス思考」の所があると思う。これは、生い立ちに原因があるのではないだろうか。

昇太は、両親がケンカしている所を、一度も見たことがないと言う。これは、珍しい事だと思う。

俺は三才位から、両親がケンカしてるのを、毎日のように見ていた。これは、子供心に相当キズついていると思う。

 昇太のご両親は、一度お会いした事があるが、一目見て、立派なご両親だと思った。昇太は生まれた時から、強運なのである。

俺は、10才で母親を亡くした。これは、ショックだった。そして、高校時代はグレた。学生愚連隊だ。毎日のように喫茶店で、仲間とたむろしていた。よくケンカもした。金○を蹴られて、内出血して医者へ行き、看護婦に見られて恥ずかしかったのを思い出す。

高倉健の「健さん」を観た後、渋谷の飲べい横丁をブラリ

Photo_10柔道二段の学生とケンカして、勝った事もある。あの頃の仲間は、ほとんど亡くなっている。今でも仕事をしているのは、俺だけだと言ってもいいだろう。

売れもしなかったが、落語家になって良かったと思う。カタギにもヤクザにもなれない俺に、ピッタリの職業だった。

 落語家仲間も、妻も娘も、俺が好き勝手に生きていて、うらやましいという。俺自身は、そんなに好き勝手に生きているとは思ってないが、今でも若い服装で、喫茶店に毎日出入りして、店のウェイトレスと話をして、高校時代とあまり変わってないなと思う。その点では、強運なのかもしれない。

 

 ある人に、「師匠は、芸協事務所の片岡さんによく怒られていますね」と言われた。しかし、俺ぐらいの年齢になると、怒ってくれる人がいないので、ありがたいと思っているのです。

 今、俺を怒ってくれるのは、① 高田文夫さん ② 昇太さん ③ 片岡さん ④ 妻 ⑤ 娘、この五人です。

もっと皆さん、どんどん怒ってください。

 体調不良で休養していた、A太郎が、10月1日横浜にぎわい座より復帰致します。しかし、まだ完全とは言えませんので、私もしばらくそっとしておきますが、皆さんもそっとしておいてください。

色々とご心配ありがとうございました。

Photo_11 小遊三さんの『スウィング寄席』で、久しぶりに武蔵境に行く。小遊三さんに、色々お土産を頂いて、気を遣って頂き、有難うございました。

 

 名古屋の大須演芸場で、オフィスエムズ加藤氏の企画で、11月12日(土)に『昔昔亭桃太郎独演会』が行われます。

 チケット発売中です。オフィスエムズの「ミックス寄席」で検索して下さい。名古屋の皆様、宜しくお願い致します。

 

 作家の谷沢永一さんの本を読む。

 「男は度胸、女は愛嬌というが、男も愛嬌があるのに越したことはない」という。

 つまり、可愛い男になれという事である。どんな天才でも、ノーベル賞学者でも、可愛い男にはかなわないと言う。

 

 それでは、私が選んだ、芸協歴代可愛い男ベストテン。

 ① 金語楼  長谷川一夫が、芸界で一番もてるのは、金語楼であると言ったのは、有名な逸話。

 ② 先代文治 天性の可愛さ、うらやましい。

 ③ 昇 太   50才過ぎて可愛いと言われるのは、得だねえ。

 ④ 昇 羊   眼がアラン・ドロンのようだ。

 ⑤ 小遊三  学生時代からもてたらしい。やはり、可愛いのだ。

 ⑥ 六代目柳橋  当時の女優に追っかけがいたというからすごい。

 ⑦ 夢之助  若い頃あれだけ人気があったのは、可愛いからだろう。

 ⑧ 昇 々  女よりきれいだ。Bが夢中になるのも分かる。

 ⑨ 歌 春  枝八の頃は、アイドルだった。

 ⑩ 蝠 丸  彼は眼がきれいで澄んでいるのに、不潔な女性が好きだなんていう。

 

次点  小文治、小南治、柳好、慎太郎、愛橋、金太郎、昇市、笑遊

 

 事務局の武田さん、この中に好きな人がいたら、そっと教えてください。今度はいるでしょう。

 

 長野のいつも明るい佐藤明さん、いつもありがとうございます。又、権堂でお会いしましょう。

 

 六本木のカラオケスナックの『JUGEMU』の城野さん、喜太郎がお世話になりまして、ありがとうございます。近々伺います

Photo_7

|

« 名古屋寄席 | トップページ | 「お茶の間寄席」と「桃ちゃんの人生相談」 »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

まあこさん「可愛い男ベストテン」、桃太郎は8位じゃなくて、5位ぐらいだと思っているようです。
YOSEYUKIさん、笑顔でいれば、いつか良いことありますよ!笑顔でいられること自体が幸せな証拠じゃないでしょうか。

投稿: 桃太郎倶楽部 | 2016年9月16日 (金) 00時38分

桃太郎師匠、こんばんは。コメントするのは2度目です。よく拝見させていただいてますが、更新が早くなってきたみたいでうれしいです。このブログは師匠の飾らない正直な人柄がよく出ており、芸術協会とそのメンバーを大切にしているところも感じられ大好きです。ところで、今回の可愛い男の話。「どんな天才でもノーベル賞学者でも、可愛い男にはかなわない」というのは笑顔がいいと言われる自称可愛い男としては(それにしては最近あまりよいことがないため)ほんとかなと思いますが、先代文治師匠とかサブちゃんとか人気者は愛嬌がありますね。でも師匠の笑顔もポーカーフェイスとのギャップで素敵ですので高座で大いに笑顔を見せてください。最後になりましたが健康に気を付けて我々を楽しませてください。

投稿: YOSEYUKI | 2016年9月15日 (木) 23時37分

A太郎さん復帰、よかったです。

可愛い男💖ベスト10、桃太郎師匠も8位ぐらいに入ると思います!

投稿: まあこ | 2016年9月15日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋寄席 | トップページ | 「お茶の間寄席」と「桃ちゃんの人生相談」 »