« 晩秋の映画館 | トップページ | 桃A »

お正月

Photo_12 1月5日国立演芸場、お優しい歌丸師匠を囲んで


 皆さん明けましておめでとうございます。

 年々、1年過ぎるのが早くなる。昨年の正月は、西日本新聞社の宮原さんのご紹介で、福岡の太宰府の落語会へ行って、もう1年か。

あの時は、楽しかったなあ。喫茶店も良かった。

 宮原さん、改めて有難うございました

元旦弟子と(1枚目、午前11時半。左よりA太郎、桃之助、芝楽、慎太郎、年賀状を読んでるボク。2枚目下、午後1時半。愛橋加わる。)

Photo_13 281_4今年は、初席は池袋だけだったが、色々な仕事があって、やっぱり忙しかった。

池袋演芸場の楽屋では、連日楽輔君と映画の話をして、面白かった。

そこに小遊三さんが、からんでくる。この人も頭が良いので、何でも知ってるから面白い。

3枚目、午後3時、今年もよろしゅうお頼み申します。

Photo_14 やはり、落語家は面白い。イヤなやつなんて、俺はほとんどいない。師匠柳昇が、「寄席へ行くのは、病院へ注射を打ちに行く様なもんだ」と言っていたが、本当だと思う。

 体の調子が悪い時など、寄席の楽屋へ行くと、必ず誰かが「ああすれば良い、こうすれば良い」と教えてくれる。

 こういう時は、落語家になって良かったと思う。つくづく、「落語家は、落語家に嫌われてはいけない」と思い、反省する。

  「落語家は一人商売だから、みんなライバルで、仲良くする事なんかない」なんて言う者もいるが、若いうちはそれで通用するが、そんな事はだんだん通用しなくなって、孤立する。

 そして年を取ると、誰にも相手にされなくなる。そういう寂しい運命の先輩落語家を、何人も見ている。

4枚目、元旦午後5時。3月21日から二ツ目になる喜太郎。

Photo_6 それから、正月二の席は浅草演芸ホール。今度は米助君と一緒で、毎日色んな話をする。又そこに、トリの小遊三さんや蝠丸と金太郎がいる。楽屋が盛り上がる。

 蝠丸も映画に詳しくて、俺が小学校の頃観た「明治天皇と日ロ大戦争」を観ているというから、すごい。

 俺が小学校五年頃観ているので、幼稚園の頃みているのかなぁ。とにかく、古い映画のことは、俺は通だが、俺より知っているのは、楽輔、蝠丸両君である。スゴイ。

 ところで、芸協事務局の片岡さん。米助君に寄席に、年に100日出るようにと言っておいたので、どんどん電話して、出演させてください。グズグズ言ったら、桃太郎に言われていると言って、怒ってください。

 

 三十年前は、円歌、三平、円鏡師匠方は、レギュラー番組を5本位持っていたが、寄席にも年間200日は出ていたと思う。

 こういう事も、米助君に言ってありますので、片岡さん、よろしくお願いしますよ。

 1月16日に、軽い風邪を引く。すると歌春君が、家まで送ってくれた。

 歌春君、いつもありがとう。

 

 1月14日は、チバテレビ「新春浅草お茶の間寄席」の録画で、またインタビューを頼まれる。お相手は、歌春君の娘さんの田代沙織ちゃん。

 とにかく、インタビューを頼まれる回数は、両会で、俺がダントツだという。

 

Photo_9右は神田陽子さん、神田紫さんと。

 木村プロデューサーに、面倒くさいなと言ったら、木村さんが、「今回のインタビューは、桃太郎師匠とナイツだけですから」と、いつもおだてられて、踊る桃太郎でした。

 

 1月18日は、天心聖教の「新春福笑」。

 ここは、教主様が演芸ファンで、毎年開いて下さる。天心聖教のホールでやるのだが、ここぐらいやりやすい会場はないと思う。とにかく、落語を演じていて、ここのお客様は良くウケてくださり、気持ちが良いのだ。

本当に毎年楽しみにしています。

教主様、お客様、ありがとうございました。

 十条の喫茶店で、落語協会の古今亭志ん陽君と会う。「居残り佐平治」のケイコをしていたようだが、俺が話しかけたので、ケイコにならず、すみません。

志ん陽君は、いつもニコニコしていて、とても感じのいい落語家である。

 十条のドトールでは、鯉八が一人でブツブツと、ケイコをしているのを、私の妻と娘が見たという。

あと十条には、前座のべん強がいる。

みんないい男達である。

 

芸協学歴ベストテン

① 昇 吉   東大

② 右団治  早稲田大法学部

③ 笑 三  早稲田大

④ とん馬  上智大学

⑤ 吉 好  千葉大

⑥ 歌 助  東京理科大

⑦ 愛 橋  福井大学

⑧ 小遊三  明治大

   鯉 昇  明治大

   柳太郎  明治大 

⑨ 昇 々  関西学院大学

⑩ 鯉 八  法政大

次 点  柳 好  東京農業大学

次々点 柳 橋  東京経済大学

 

間違っていたら、ゴメンね。

 俺は高卒。卒業式に免状もらえず、職員室を一週間掃除に行って、職員室で卒業証書をもらった。スゴイ。

では、ごきげんよう。

|

« 晩秋の映画館 | トップページ | 桃A »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

Sさん、先日は楽屋へカレーパンの差し入れありがとう。みんなで美味しく頂きました。コメントも僕のこと、ほめてくれてありがとう。

投稿: 桃太郎 | 2016年2月 8日 (月) 22時22分

私も立教は近いから、なんちゃって学生で時々行きたいな。先日、娘と西加奈子さんの対談を聞きにいき、刺激になりました。
サヨナラサヨナラ!

投稿: 桃太郎倶楽部 | 2016年2月 4日 (木) 22時31分

あらためて明けましておめでとうございます。
最後の文、サヨナラからごきげんように変わりましたね。サヨナラは寂しいから、こっちの方がいいですね。

投稿: のんた | 2016年1月31日 (日) 00時41分

師匠、明けましておめでとうございます。
師匠お弟子さん共に、お元気そうで安心しました。
ちなみに、私は立教ですが、立教の方はいないようですね。
今年も笑わせて下さい。楽しみにしてます。

投稿: ハル | 2016年1月30日 (土) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の映画館 | トップページ | 桃A »