« 高田文夫さん奇跡の復活そして中村勘三郎 | トップページ | 春風亭柳昇没十年 »

九州、北海道、岐阜、そして名古屋

Photo まだ三月になったばかりなのに、今年は色々な事があった。
旅の仕事は、九州、北海道、岐阜、名古屋と行ってきた。佐賀市の旅館「あけぼの」での俺のディナーショー。
 あけぼのの社長は、高田文夫さんと日大芸術学部の同級生で、落語が大好きで、ふだんも真面目な顔をして、シャレばっかり言っている。

もちろん、『あけぼの寄席』も年三回位やっている。仕切りは、寿限無スマイルズの大野さんである。

 

 ディナーショーは、A太郎が一席で、そのあと俺が約1時間やった。頭を下げると、数人のお客さんから「アンコール」といわれる。今さら一席やってもしかたないので、裕次郎ナンバーを5曲ほど歌って、お開きにしてもらう。大変なディナーショーである。

 終ってから、社長ご夫妻と頂く夕食が美味しい。翌日頂いた朝食が、又美味しい。旅館「あけぼの」の食事は日本一である。

 

 翌日、博多に泊まりたいと言ったら、社長がホテルニューオオタニ博多を取ってくれて、ホテル代も交通費も払ってくれた。社長、ありがとうございました。

 夜、一人で博多駅前にモツ鍋を食べに行く。帰りに、ホテルの名前を忘れてしまって、帰る事ができない。

ドトールへ入って、お茶を飲みながら考えて30分、ようやく思い出して、帰る事ができた九州ツアーでした。

 実家の孫たち、あおcとつむcでーすcherry

Photo_2 二月は、文化庁・芸術協会主催の学校寄席で、北海道帯広盲学校、鈴蘭谷分校の2校。

一行は、桃太郎、柳好、鯉八、まねき猫、竹の子と事務局桂さん。

 両校とも、生徒も先生もとても感じが良く、生徒はよく学び、先生はよく教えるという、とてもマナーの良い学校でした。

 生徒達も、自ずから舞台に出て、小噺などを披露してくれました。私達の落語もよく理解してくれて、笑ってくれてとてもやりやすいお客さんでした。

生徒の皆さん、そして先生方、これからも頑張ってください。そして、又会いましょう。

 根室のホテルに2泊。初日は柳好、二日目は鯉八が、俺の部屋に訪ねてくる。二人共、マジメに色んな事を質問してくる。俺なりに答えてやったが、結局は面白い落語家になりたいという事だろう。

とても真剣に聞いてきた。いいことである。落語やってウケなきゃ、能、狂言と同じだもんなあ。

 事務局の桂さんは、俺の隣の部屋でスースー寝ていることだろう。俺は、桂さんを見ると、いつもこの人の子供に生れてきたかったと思う。俺は10歳で母を亡くした。桂さんが、理想の母のタイプである。

俺は桂さんを、母として憧れているが、蝠丸と金太郎は、桂さんを女として憧れているから、困ったものである。

 帰って来てから、『桃太郎、裕次郎を唄う会』リサイタル。満員のお客様ありがとうございました。爆笑リサイタルとなりました。とにかく、来られなかったお客様は残念でしたねとしか申しようがありません。

プロデュースの加藤さん、司会の林田さん、色々ありがとうございました。今年、もう一回やる予定でいます。

Photo_6 岐阜、長良川の岐阜グランドホテルで、『好楽、昇太、桃太郎爆笑三人会』二回公演である。

 妻、付人で同行。夜の公演が終わり、好楽、昇太一行は当日帰り、俺と妻は、プロデューサーの名古屋さんとホテルの御好意で、宮さまが泊った事もあるという、長良川とお城が見える

豪華な部屋に泊めてもらう。

 名古屋プロデューサーが、夜10時頃部屋に見えて、昔の芸能界の色んな話を聞かせてもらって面白かった。名古屋さんは、戦前、戦後の芸能界を知る、最後の生き証人といってもいいだろう。

名古屋冗さん、いつもありがとうございます。

 ホテルに次回の小朝さんのポスターが出ている。カッコイイ、華がある。「やはりスターだね」と妻がつぶやく。




Photo_7 翌日は、名古屋へ出て一泊する。ホテルは、加藤さん紹介のいつものガーランドホテル。すぐ、大須へ行く。ホッとする。

食事をしてお茶を飲んで、7時頃、加藤さんの実家まで行ってみたが、御両親はもうおやすみのようだった。

大須演芸場へ行ってみる。四月に十一代桂文治披露のポスターが出ている。米福、夢花、柳太郎なども来るらしい。この日、妻と喫茶店へ6回行った。 

 あくる日、又大須へ来た。ここへ住んで、大須演芸場の専属になろうかな

 芸協事務局の片岡氏から、「浅草四月上席昼、昇太がトリをとるから出てくれ」と連絡あり。片岡氏が、昇太を引っ張り出したのがわかる。

片岡氏は、見かけはおとなしそうだが、強気の人で、俺も一回上野広小路亭に出たくないと言ったら、「いい加減にせんかい」とシメられた事がある。

 帰りに、名古屋駅の構内で、Y組の集団と出くわす。週刊誌でよく見る親分を、十人位の子分が囲んで歩いている。妻と二人で、ジッと見る。

|

« 高田文夫さん奇跡の復活そして中村勘三郎 | トップページ | 春風亭柳昇没十年 »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

師匠ご無沙汰ですが、お元気そうで安心しました。
あおちゃん達カワユスです(*^o^*)

ケーキもおいしそ~!

投稿: みき | 2013年3月14日 (木) 19時13分

桃太郎さん、こんにちは。

「裕次郎を唄う会」、行けなくて残念です。
何度も師匠にお声掛けして頂いたのに・・・・。

私にとっては「魔の金曜日」でどうしても仕事を休めないのです。

次回は必ず!

投稿: ヘイロー | 2013年3月11日 (月) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田文夫さん奇跡の復活そして中村勘三郎 | トップページ | 春風亭柳昇没十年 »