« 桃の古典・新作 | トップページ | 真打披露興行 »

鈴本演芸場へ行く

 柳家権太楼さんに、御祝いを渡しに鈴本へ行く。楽屋に通される。おお懐かしきこの匂い。

十年前に、志ん五さんのトリの時に来た以来である。真打が四人いた。色々話していると、鈴本の社長が楽屋に見える。しばし話をして、社長が事務所に戻ると、権太楼さんが俺に言う。

「桃さん、池袋ばっかり出て何で新宿に出ないの?芸協は爆笑派は桃さんと昇太しかいないんだから、その昇太が出ないんだから、桃さんが出なきゃだめじゃないの」と言われてびっくりする。良く見ているね権太楼さんは。

芸協では遠慮してるのか、こんな事言ってくるのは誰もいない。言ってくるとすれば、片岡勉さんか、桂竹丸しかいないだろう。

 「昔は、うまい落語協会、面白い芸術協会」と言われて、両協会のバランスがとれていたのだ。

 新宿末広亭の社長も、先日の真打パーティのあいさつで「うまい落語家はいりません。面白い落語をやってください」と言われていた。

末広亭の社長の母上の先々代社長の杉田のおかみさんにも、「桃さん笑わせてちょうだい。うまい落語をやる人は落語協会にいっぱいいるから。芸協は笑わせてくれればいいの」と言われた事を懐かしく思い出す。

もちろん浅草演芸ホールも、池袋演芸場も、末広亭と同じで、笑わせる人が優先であると、柳亭市馬さんも言っていた。小朝さんが「寄席でウケない落語家の気持ちがわからない」と昇太に言ったそうだが、まったくその通りである。

 又、鈴本の楽屋の話に戻るが、ある真打がこう言う。「芸協はね、すぐ天狗になるからいけないんだと」俺はこれを聞いて驚いた。「俺が前回のブログに書いた事ではないか」

 そして、芸協で天狗になっているという数人の名前がでた。これがピタリ当たっているので又驚く。本当に落語協会は芸協をよく見ているね。芸協も落語協会をもっとよく見なければいけない。そんな事言ったってアッケラカンのカーか。

 門弟の愛橋と桃之助がイタリアに行ってきたと言って、お土産持参で我が家へ来る。俺もバンクーバーや、サンフランシスコは又行ってみたいが、タバコが吸えないから駄目だ。俺の恋人は何よりもタバコだ。

 京都へ三泊四日で行って来た。食う旅である。着いた夜にステーキ、二日目の昼にすき焼き、夜に又ステーキ、三日目の昼にステーキ弁当と肉ざんまいの旅だ。

 帰ってきて又、玄米ざんまいになる。竹丸に聞いていた、寄席「京都花月」は雨のため行かなかった。

 ようやく芸術協会にも、期待の大器が一人出てきた。芸も人間性もスケールが大きい。古典派で、うまくて、笑いもとれる。俺の目に狂いがなければ芸協の将来の救世主になれる器である。まだ二ツ目である。

名前はあえて言わないが、言わなくてもいずれ皆さんにも分かるだろうし、加藤浩さんも近々気付くだろう。

 そして、俺か?俺は相変わらずアッケラカンのカーだ。

|

« 桃の古典・新作 | トップページ | 真打披露興行 »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

確かにその頃の桃太郎は顔も黒く、頭はパンチパーマをかけて、モンチッチのようでした。
ファンの方からもモンチッチを頂いたり(^w^)
実は当方も30年前に知り合いました。奇遇ですね。

投稿: 桃太郎倶楽部 | 2012年6月 7日 (木) 11時56分

桃太郎さん、こんにちは。

私にとって東京の寄席デビューが鈴本での「芸協」さんの芝居
でした。その時偶然に師匠の高座も「初観劇」でした!
その時からの芸協びいきです。

30年も前の話で、まだ師匠も若く、髪の毛もモジャモジャして
いました。確か「ぜんざい公社」だったと思います。他にも
歌丸さん、小柳枝さん、小遊三さん、文治さんなど今となっては
とても貴重な体験でした。

あのあと少し経って、もう鈴本には出なくなってちょっと残念でした。それから再び師匠の生高座を拝見したのが、2001年8月浅草での
「裕次郎物語」でした。随分と貫録がついてビックリしたのを
覚えています。初「裕次郎~」に勿論大爆笑でした。

投稿: ヘイロー | 2012年6月 3日 (日) 01時03分

実は最近『二つ目』として初めて拝聴した一席で、
心を奪われた噺家さんがおりまして…。
桃太郎師匠のおっしゃっている二つ目さん、
恐らく私も衝撃を受けたお方だと思います。。。!

加藤さまプロデュースの会…
(桃太郎師匠の会の次に☆)期待しております♪

投稿: あやの | 2012年6月 1日 (金) 14時24分

私も鈴本演芸場は一度した行ったことがありません。何せ芸協派なもので。
いろいろなところで皆な同じことを思っているんですね。
早く期待の二ツ目さんを見たいです。もう見てるかな?気が付いていないだけでしょうか…

投稿: たーさん | 2012年5月31日 (木) 21時02分

京都、肉三昧の旅いいですねぇ~

桃太郎師匠が将来期待出来る二つ目さんの落語を聞いてみたいと思います。でもどなたなのか分からない(笑)人間性は大切な要因ですよね。

投稿: 桃子 | 2012年5月31日 (木) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃の古典・新作 | トップページ | 真打披露興行 »