« 桃太郎 in 札幌 | トップページ | 玄米よありがとう »

名古屋は楽し

 カメラ目線の二人

Photo_5  札幌に続いて、名古屋三泊の旅。名古屋名物、あんかけスパゲティ、うなぎ、味噌煮込みうどんをたっぷり食べて、又楽しい旅だった。

名古屋栄町に、午後11時までやっている新しい喫茶店ができた。お客は、女の子同士とかアベックばかり。一人客は俺だけ。

ラジオで中日・巨人戦を聞きながら、アイスミルクティーを飲んで、タバコをくゆらして、充分楽しんできた。 この喫茶店ができて、名古屋へ行くのが楽しみになってきた。

 大須演芸場では、小遊三さんの弟子の小まがり君に大変お世話になった。ありがとう。彼はとても感じの良い青年で、俺の弟子にしたいくらいだ。

みんなホテル泊りだが、小まがりは前座なので、寄席の楽屋泊りだ。この大須演芸場は、幽霊が出るので有名だが、小まがりは平気だと言う。

ある晩、トイレへ行ったら、幽霊が歩いている。どんな顔なのか見てやろうと思い、後をつけて行ったら、幽霊がふりむいた…小まがりは平気だったが、幽霊が小まがりの顔を見てビックリして、キャッと悲鳴をあげて消えたという。これじゃ、どっちが幽霊なのか分からない。   

 俺の常宿ホテルは、オフィスMズの加藤さんに15年前に紹介してもらった所で、ホテル名は出せないが、このホテルも幽霊が出るという事で、東京の新聞記者の間では有名だという。15年間ここに泊っているが、俺の所には1度も出たことはない。

おそらく、ある部屋には出るんだと思う。昨年は、一晩金縛りにあったが、今年は何もなかった。俺は小まがりほど気が強くないので、念の為、電気は一ツ点灯して寝ている。

小まがりは、ほんとうは小曲と書く。秋田県の大曲出身なので、小遊三さんが小曲とつけた。そう言えば、若き日の千昌夫によく似ている。

2011_039 帰ってからすぐ、人形町日本橋劇場の「さん喬・権太楼・桃太郎長講三人会」。久々に会った権太楼さんが、元気になっていたので、良かった。ここ数年で、一番元気な彼を見た。ネタは『茶の湯』だったが、迫力のある芸であった。

 さん喬さんも、相変わらず格調のある芸をやっていた。同年代のせいか、この二人といる時は、何故かホッとする。

 打ち上げに行く。まるで、権太楼さんの独演会となる。とにかく、元気になって良かった。

 オフィスMズの加藤氏に電話する。加藤氏は、俺に『茶の湯』が向いているので、覚えろという。それから、「桃太郎師匠もホール落語が増えてきたので、一生懸命ケイコして下さいよ」と叱咤激励される。こんな事言ってくれるのは、今日本では、加藤氏だけだ。

あと、鯉昇と平治が、色んな古典を覚えろとアドバイスしてくれる。そしてその度、落語のDVDを用意してくれる小山さん。みんなありがとう。

                         上の写真はゆうきお兄ちゃんchick

2011_044  ジーンズとポロシャツで十条商店街を歩いていると、娘と娘の友達にバッタリ合う。

友達の方が「おじさん若いわー」と、ビックリして何度も言う。娘も「カッコいいね」と言う。

もっとカッコ良くなりたいので、あと5キロ痩せたい。でも、ある人が「桃太郎だから、太っていた方がいい」とゆうし、困ったもんだ。

そう言えば、西武ライオンズのおかわり君は、太っていてかわいいね。俺も大ファンである。彼がホームランを打つと、機嫌が良くなる桃ちゃんでした。

|

« 桃太郎 in 札幌 | トップページ | 玄米よありがとう »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

10/16(日)の芸協まつりにて。
毎年楽しみにしておりました『桃トークのコーナーが無いっ???』
と思っておりましたら、ご欠席だったのですねぇ(涙)
来年の復活を楽しみにしておりますっ♪♪♪

投稿: あやの | 2011年10月18日 (火) 11時53分

おはようございます。

独演会・国立トリお疲れ様でした。
どちらもすっごく楽しかたです。

調子いい時の師匠の落語は最高ですね。
かっこいいな~と思いながら、
いつも、ききいっています。

11月12月は落語会たくさんですね。
お体には気を付けてください。

どの落語会も楽しそうなので
又色々な場所へききに行こうと思っています。

写真館の写真が替わりましたね。
山田雨月さんご本人も素敵な方ですが
画もすっごくステキですね。

投稿: みほ☆ | 2011年10月12日 (水) 07時42分

とおるさんへ
この度は国立演芸場にお越し頂きましてお礼申しあげます。今度お茶でも御一諸したいと思います。寄席に来た時に楽屋へお越しください。
尚、16日の芸協祭りは落語会で長野に参りますので、欠席となります。
又別の場所でお会いいたしましょう。
ありがとうございました。

投稿: 桃太郎 | 2011年10月10日 (月) 23時18分

10/8、国立演芸場に妻と最前列で師匠を拝見させていただきました。いや~、「裕次郎物語」を生で見られるなんて、ラッキーでした。昨年も国立演芸場の10月上席、師匠がトリということで2回見に行かせていただきました。昨年はこの時期、風邪気味だったということで体調がいまいちで、芸協まつりでも不機嫌気味でしたね。(当時、この欄にも載せていただきました。)今年は体調も良さそうですね。来週16日の芸協まつりでは、昨年と同様、師匠と一緒に妻と写真、また、サインをいただきに参りますので、よろしくお願いいたします。

投稿: とおる | 2011年10月10日 (月) 09時43分

のんちゃん、ポチさんいつもありがとうございます。
また昨日は独演会にお越し頂き感謝で~すhappy01年末に向けて唄う桃太郎や新企画の落語会等あります!
桃太郎やっちゃいますよ(^◇^)┛

投稿: 桃太郎倶楽部 | 2011年10月 8日 (土) 20時28分

 桃太郎師匠こんにちは。いつも楽しませて頂き有難うございます。私も師匠の古典落語を、たっぷりと聴きたいです。     春雨宿 いいですねー。登場人物が生き生きとしていて、また山の中の古びた温泉宿の情景が頭の中に浮かんできて、想像する楽しさを味わっています。落語って凄いですね。ケメズカ温泉支店に行きケメコさんに会いたくなっちゃいました。これからも、ますます頑張って下さい。応援しています。
   。       

投稿: ポチ | 2011年10月 3日 (月) 13時29分

ことりちゃん一家すてきですね。小曲さんは幽霊こわくないなんて、すごすぎる。どういう心臓なんでしょうね?桃太郎さんも幽霊の出るホテルに15年も泊るなんてすごいです。私ならとても泊れません(lll゚Д゚)

投稿: のんちゃん | 2011年9月28日 (水) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃太郎 in 札幌 | トップページ | 玄米よありがとう »