« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年1月

お正月

Img_0461_2 

皆さん明けましておめでとうございます。本年もよろしゆうお願い申し上げます。

多忙な正月十五日間が終わりました。初席は寄席二ケ所を掛け持ち、その間ににぎわい座、有名会、国立名人会、上野広小路亭、そして地方は長野、群馬へ行ってきた。

完全なグロッキーである。こんな事があと何年続くのか考えてみたが、あと10年はやらなければならないだろうと覚悟を決める。

 国立演芸場の楽屋で、権太楼さんに会う。前より元気になっていたのでホッとする。「これからはあまり無理しないように」とお見舞いの言葉を言う。

妻をカバン持ちで連れて行ったら、トリの木久扇師匠にお年玉を頂く。開けて見たら、五千円が入っていた。「ラッキー!」と妻でなく、俺が言う。

 寄席の楽屋で、米助さんに景気の良い話を聞く。米助さんは、大リーグイチロー選手と親友である。先日、銀座のフランス料理店で、イチロー夫妻にごちそうになったそうだ。高級ワインも飲んだし、30万円位使ったのではないかという事だ。何といってもイチローは年俸14億円だからなー。

 ごちそうにばかりなっていられないので、米助さんもイチロー選手を向島に呼んで、芸者を上げてごちそうしたそうである。こういう景気の良い話は、俺は大好きである。

 浅草にステーキあわびコース1万5千円というステーキ屋がある。いつか食ってやろうと思っていたが、米助さんの話を聞いて、「よーし、食いに行くぞ」と決意を固める。

 尚、イチロー選手ぐらいになると、外では写真は絶対撮らせないそうである。前、私の娘が、スマップの中居君と鶴瓶ちゃんの番組の公開録画を見に行った時、鶴瓶の楽屋へ行って「中居君の写真を撮らせてくれ」と言ったら、スタッフは「ダメです」と言ったが、中居君は「鶴瓶さんの知り合いならいいですよ」と言ってくれて、撮らせてもらったらしいが、あの写真はどうなったのかな。。。

ちなみに今、妻と娘は嵐のファンである。

 那須塩原市の「矢島亭」さんから、六月に落語会出演の仕事を頂く。「矢島亭」の席亭さんは、那須塩原市の「矢島歯科医院」の院長先生です。(俺の25歳位の時の落語を聞いているという、とても落語通の方です。その時分の俺の落語を聞いているのは、矢島先生とオフィスMズの加藤社長しかいないでしょう。とても感じの良い歯医者さんです。

那須の皆さん、歯の治療は、那須塩原市の「矢島歯科医院」へお越しください。お兄さんも、辰野市で歯医者さんをやっています。

 信州からクルミを送ってくる。我が家の近所はクルミの名産地である。学校の帰り道、クルミがいっぱい落ちてる。皆さんは乾燥したクルミしか食べた事がないでしょうが、本当は生のクルミが旨いのだ。高校生まで、これを一日十個は食べた。

俺が今、バテながらも何とか病気をしないのは、このクルミのおかげだと思う。そう言えば、小鳩くるみという童謡歌手はどうしてるかねー。原節子は、91歳になったそうだ。師匠・柳昇も生きていれば91歳だ。

Img_0464Img_0453_3

 今日1月16日は毎年恒例となった巣鴨の「天心聖教寄席」。この会に毎年呼 んで頂くのが楽しみだ。教主様は、昨年ご都合でお見えにならなかったが、今年は元気なお顔を拝見できて、大変嬉しかったです。この寄席は、とても素晴らしいお客様の集まりです。

教主様、お客様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

 又、お弁当もとても美味しかったです。グルメの私が云うのですから、まちがいありません。

Img_0470_3   帰りに、20年前から行っている「伯爵」へ寄る。四年前までこの店は、朝までやっていたが、今は午後11時30分までらしい。

 今、十条の漫画喫茶でこれを書いている。週刊アサヒ芸能を読んだら、「何とか探検隊」というコーナーで、二ツ目の末広亭の深夜寄席の事が書いてあって、三笑亭夢吉の事をバカに褒めている。

芸術協会は、こういう所で取り上げられることが少ないので、嬉しい事だ。やはり、加藤さんが目をつけただけの事はある。

ついでに、俺の弟子のA太郎の事も褒めてある。A太郎は、俺の一番下の弟子である。グズグズしていると、兄弟子達はみんな抜かれるぞ。いや、もう抜かれているかもしれない。

 それから、「天心聖教寄席」で、俺の前は女性漫談の新山真理さんだったが、この人は話術が上手い。発想と間が良い。この人に古典落語をやらせたら、面白いと思う。男でないのが残念である。

若い落語家達よ、真理さんの高座を聴いて勉強しろ。

 瀧川鯉朝の御両親から、高知の海産物を送って頂きました。美味しく頂きました。新宿で鯉朝の嫁さんを見たが、美人なので驚く。別に驚くことはないか。。

 そして今日、ガン撲滅協会(ブーゲンビリア)の会長の内田絵子さんから、フグの詰め合せを送って頂く。

とてもありがたいけれど、こんな高い物を送って頂くとかえって困るなあ。まあいいか、帰って早速フグ刺しを頂きましょう。

内田さん、ありがとうございました。

アー、早く『ナニワ金融道』を見たいので、今日はこれでおしまい。

Img_0460

| | コメント (8)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »