« 祝・高田先生芸能生活40周年! | トップページ | 今年も一年間ありがとう »

お洒落

「プリンセチア」という名の花とはxmas                                     久々に銀座へ行く。冬045_5のコートを買う。喫茶店ルノアールへ行く。日曜なので満員。銀座はセンスの良い人が多いので、お客のファッションを見ていて勉強になる。

英国屋へ行く。イギリス製のカッコいいブレザーを7万5千円で仕立ててくれるという。その勇気がないので、断念する。家へ帰って妻に話したら、「作ればいいのに」と言う。気前の良い女房である。

 十条の商店街で、紫色の女性の洋服を見ていたら、突然紫色の羽織が欲しくなる。早速、出入りの呉服屋の山本さんを呼んで注文する。英国屋のブレザーと同じ位の値段はする。洋服だと躊躇してしまうのに、和服だと高くても無造作に注文してしまう。悪い習慣になってしまったと反省する。

          cafe形町のワコーで(桃太郎・寿輔二人会)

020_4 

 落語家でも、米丸師匠や若き日の談志師匠みたいに、洋服も和服も両方おシャレしなければいけないと思う。

 作家の浅田次郎氏は、いつも高価なスーツを着ているが、浅田氏の理屈によると、「私は、金が有るから高価なものを着ているのではない、高価な物を着ているから金が入ってくるのだ」と言っていたが、少しでもこの域に近づきたいと思っている桃太郎でした。

Photo_4  ところで、落語家でおシャレなのは誰だろうと考えてみたが、芸術協会では米丸、米助、夢之助、小遊三、昇太。落語協会では小三治、権太楼、正蔵、こんな所か。。。

何といっても、ダントツは米丸師匠だろう。85歳になってもウィンドーショッピングをして何十万というジャケットを着ている。

やはり、売れている人ほどおシャレなのがわかる。しかし本当はアベコベで、売れていない人ほどおシャレをしなければいけないのだと考える桃ちゃんでした。

 談志師匠の若い頃はカッコ良かった。ヘアースタイルも角刈りで、何を着ても似合った。その頃は、会う度にしびれたもんだった。。 

高田センセーもおシャレだ。パパス専門だ。

青木さんもおシャレだったねえ。

林田君もおシャレだが、若いのに今だにアイビースタイルなのがおかしい。 

 前に、女性落語家の美加さんに、「芸術協会では、桃太郎師匠が一番おシャレですね」と言われた事があるが、俺が一番と言われるようじゃ、芸術協会もしようがないねーとため息をつく桃太郎でした。

068_2 矢島さん、おいしい水ようかんとプリン、ごちそうさまでした。お嬢さん、御子息は、歯科大卒業しましたか。将来が楽しみですね。

ハガキにあった「原爆ばばあ」で、古今亭今輔師匠を懐かしく思い出しました。

又、「矢島亭」に呼んで頂いて、「カラオケ病院」をご披露させて頂くのを楽しみにしております。      

小野田さん、厚さ5センチのお肉ありがとうございます。おいしく頂戴しました。

 自叙伝は、400ページ書きましたが今の所やる気がなくて、一か月程書いていません。白夜書房の田村副編集長がぜひ見たいというので、今日送って読んでもらいます。

しかし、ちょっとでもクレームをつけられると俺はやる気がなくなるので、どうなるのかな。。

 桃太郎プロデュース、オフィスMズ加藤氏構成の第二回イケメン落語会が1月31日お江戸日本橋亭であります。桃太郎、鯉斗、A太郎、昇吉の他、落語協会から柳亭市也君が参加します。

一席ずつの他に、トークショーは鯉斗と市也。司会が桃太郎となります。

1月31日(月)お江戸日本橋亭午後6時半開演

前売2500円・当日3000円(詳細は落語会のお知らせを見てね。)

033_4

 今、赤羽の喫茶店でこれを書いている。駅前でパスタを食べてから、歩いていてパン屋でジャムパンを二つ買って食べる。うまい。ジャムパンを食べると、小学生のころを思い出す。めったに食べられない貴重なパンだった。  瀧川鯉昇が、藤沢周平の「必死剣鳥刺し」という映画に出た。上手いのでビックリした。「ギャラが安くて、落語家はいいですよ」といっていた。

今、居酒屋や喫茶店、スナックは、役者の卵だらけだ。エライ役者など、ギャラが高いから、仕事がないという。

そういう話を聞くたび、俺ももっと勉強しなければと思いながら、結局やらない桃ちゃんでした。

それから目黒さん、今度はイケメン落語会来てくださいね。

小山さんもいつもありがとうございます。

|

« 祝・高田先生芸能生活40周年! | トップページ | 今年も一年間ありがとう »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

桃太郎さん、こんばんは。
約3ヶ月ぶりの師匠の高座を池袋で拝見出来ました。
演目は「カラオケ病院」でした。
でも、今年後半立て続けに聴いたネタでも、「寄席」から遠ざかっていた私には、とても新鮮に楽しく感じました。
お帰りの際はまたちょっと挨拶しただけでしたが、
当方の事をお気づかい下さり恐縮です。また東京へ遊びに行きます。

投稿: ヘイロー | 2010年12月13日 (月) 21時50分

桃太郎師匠はダンディーだと思いますwink
自叙伝楽しみにしておりますwink

投稿: にゃにゃ | 2010年12月12日 (日) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝・高田先生芸能生活40周年! | トップページ | 今年も一年間ありがとう »