« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

アッとおどろく桃太郎

 富山と金沢に行く。落語一席の仕事で楽だった。地方へ行った時の俺のパターンは殆ど一席30分なので、前半「裕次郎物語」、そして後半は「勘定板」である。落語のお客さんはほとんど裕次郎世代なので、「嵐を呼ぶ男」の唄を入れると、とても喜んでくれる。

 終わって打ち上げ。これが問題なのである。酒の飲めない俺は、コーラを飲みながら2時間つきあう。相手は酔っているのに、こちらはシラフだ。本当にバカバカしくなる。夢之助君はつかれたと言って、打ち上げに出なかった。利口である。歌丸師匠と小朝さんは打ち上げには絶対に出ない。それですむからうらやましい。

俺はまだ立場がそこまで強くないのだ。情けない、トホホ。

 群馬県桐生市へ桂小蝠に頼まれて行く。桐生市の実業家の人達の新年会の落語会。皆さんとても良い人達で、落語をやりやすかった。市の藤江医院長さんは、自腹を切って二ツ目の落語会をやってくれているという。ありがとうございます。

 小蝠と色んな話をして楽しかった。小蝠は顔も良く、落語も良いし、もっと伸びても良いと思う。欲が足りないのかな、それとも平治に芸の事で注意され過ぎて、委縮しちゃってるのかな。

Img_1457  2月中旬は池袋演芸場。歌春君や笑遊と一緒で楽しかった。堀井憲一郎さんや花井伸夫さんも来てたので手が抜けない。池袋は20分あるので、ケイコになるのだ。17日の昇太と二人会をやるので、6日間寝床をやる。

 その二人会は、俺と昇太の他に鯉朝と昇吉。童顔落語家とでもいったらいいのか可愛い落語家オンパレードで、トークショーもこの四人でやる。お客さんも面白かったと思う。

トークショーの中で、昇太が東大卒のニュースキャスターの膳場貴子ちゃんと付き合ってると、爆弾発言。「膳場ちゃん、膳場ちゃん」とエラそうに言っていた。やっぱり落語家も売れないとだめだねえ。

Photo_2   

 二年ぶりに京都へ行く。又、うまい物を食べまくりの旅である。モリタ屋の「オイル焼き」あまりのうまさに、ホッペタが落ちるとはまさにこの事だ。

Photo_4 Photo_5  

 イノダコーヒー店には四回行く。大阪の鶴橋にも、焼肉を食べに行く予定だったが、肉ばっかりではと思い、やめて祇園の権兵衛できつねうどんと親子丼を食べる。この店は、松鶴師匠や鶴瓶ちゃんも行っていた店だ。

Photo_6  

 25日に帰ってきて、桂平治の独演会のゲストで、お江戸日本橋亭へ行く。お客は満員御礼。エネルギッシュな平治にはいつも感心する。

 帰りにさかいかなこちゃんに会う。満員で入れなくて、友達だけ入場しているので、迎えに来たという。かなこちゃんにもいつも来て頂いて、感謝です。

 

 今日、漫画家の山田雨月さんとお茶を飲む。とてもきれいなマンガを描いていますので、皆さん読んでください。マーガレットコミックスです。

111_2

 そこで山田さんが「女優の柴咲コウさんが、桃太郎さんのファンだそうですね」という。初耳なので、ビックリする。以前、緒方拳さんが俺のファンでいてくれたという事は知っていたが。

もし本当だとしたら、こういう事があるから、努力をし続けなければいけないのだなとつくづく思う。

 今日は、十条のランチハウスで豆腐煮込み定食を食べる。630円也…。京都と東京ではこれだけ格差がつくのである。

 

| | コメント (10)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »