« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

お正月には凧あげてコマをまわして遊びましょ

 Photo 皆さま、あけましておめでとうございます。

今年も寄席は二軒かけもち、他に国立名人会や、長野市の春風亭柳橋独演会のゲストやらで、もうクタクタです。

休みも一日もとらず、続いて浅草演芸ホール、そして、又、新宿末広亭と続いていきます。

 初席には、池袋にお客さんが、4日間楽屋に訪ねてきました。いずれも、老舗洋食屋「チェック」で食べて、喫茶店「カフェドパリ」にいって話をしましたが、こっちはクタクタなのでろくに話もしないで、申し訳ありませんでした。

王子の三浦さんにお年玉を頂きました。今年初めてなのでラッキーでしたが、家へ帰り妻にあげてしまいました。

皆さん三月十日のトークショーに来てくれるそうで、ありがとうございます。内山恵さんも、さやかさんもトークショーよろしくお願いします。これ見ててくれればいいんですがね。

 長野の打ち上げでは、日本料理屋の食事がうまかった。あんなにうまかったのは初めてだ。この席で関係者が面白い噺家が、少ないという。まったくその通りだ。

この日は長野で寄席が三ヶ所であったみたいで、大宮の駅でナイツの塙に挨拶される。

新幹線のグリーン車に円歌師匠と夢之助がいたが、面倒なので挨拶に行かなかった。そして、寿司屋で平治独演会があったらしい。

ナイツは人間が良いと、落語家に評判が良い。あまり評判が良すぎるので、芸の邪魔にならないかと心配になる。

Photo_3  1月16日は、新春福笑寄席。神田陽子さんや、神田紫さんや林家時蔵さん等いつものメンバー。この仕事が一年で一番楽しい。

 お客さんは全部で千人くらい入っているが、上品な大受けをするのである。

只、教主様が、お風邪を召されたようでご不在で淋しかった。教主様、毎年ありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

終わってから、妻と歩きで巣鴨駅の珈琲店「伯爵」に入る。二十年も前からこの店に来ているが、いつ行っても落ち着く。

 今、俺は着物中毒になっている。昨年の秋から六枚ばかり作っているが、次から次へ欲しくなり困る。もうすぐピンクの羽織が出来てくる。

どんな着物と合わせて着ようか想像してワクワクしている。鯉昇が300万円の大島着ているが、やっぱりいいねぇ。

 正月は、白い市松と白い羽織を着ているので楽屋仲間がビックリしているが、お客さんは「師匠は正月に気を使って白を着てくれて、見ていると明るくなって嬉しい。」と言われた。これでピンクを着たら驚くだろうね~。        

| | コメント (7)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »