« 柳昇チルドレンの会ありがとう | トップページ | 黄金週間終り、さあ「らくだ」か »

落語家はつらくて楽しい

 円丈、小ゑんさんに頼まれて、落語協会VS芸術協会新作対決に出演する。円丈さんは二時間前に楽屋入りして、ネタおろしのケイコをしている。

 この人の新作に対する情熱はすさまじく、まったく頭が下がる。おそらく24時間新作落語の事を考えて、寝てもうなされているのではないか。小ゑんさんも「グツグツ」という名作をこしらえている。この二人に、これから俺は古典落語一本でいくとは、とても言えない。

 オフィスMズ加藤氏プロデュースの、さん喬、権太楼、桃太郎の「長講三人会」は人形町の日本橋劇場。加藤氏は今度、柳昇七回忌落語会や雲助さんの会もプロデュースするという。人柄が良いので、落語界の信用度は抜群である。

 俺は「鰍沢」をやる。今まで三回やってるが、今回は出来が一番良くなかった。花魁のお熊の所が照れくさくて、どうしようもないのである。もう花魁の出る落語はやらない。ポニーキャニオンのCD録音をしていたが、これじゃ無理である。瀧口プロデューサーすいません。

 考えてみれば、さん喬、権太楼という現代を代表する名人と三人会をやるという俺が図々しいのである。こうなったら、この名人二人に勉強させてもらうつもりで、これからも「長講三人会」を続けていかれればありがたい事である。

 打ち上げは、権太楼さんの知り合いのちゃんこ鍋屋に行く。俺が「これからは、十代文治師匠や小せん師匠のように小ネタでいこうかな」というと、権太楼さんに「いずれ年をとれば、自然に小ネタになるんだから、体力のあるうちは、大ネタをやれ」とたしなめられる。話を聞くと、この二人のケイコ量がすごい。

 しかし、さん喬、権太楼、円丈、志の輔、談春、市馬、正蔵、喬太郎、白鳥、彦いち、三三など、芸協では、鯉昇、昇太、平治、遊雀などは、落語に対してものすごい努力家である。これじゃ酒も飲めないし、女遊びもできないだろう。

 昔は、遊びは芸のこやしといったが、現在は、遊ばないのが芸のこやしになっている人が多いし、又成功しているから不思議である。もっともその分まじめすぎて、面白みのある落語家が少なくなったのも確かである。

 今日は新宿末広亭千秋楽で、歌舞伎町を一人でブラブラする。鉄板焼きステーキの店がある。コース料理3900円と書いてあるので、入ってみると一人客は俺だけ。メニューを出されて驚いた。3900円というのは、一番安いコースなのである。思い切って8000円のコースを頼む。外人も結構いて、みんな良い肉を食べている。見栄を張って良かったかもしれない。見栄を食べて来たようなものである。

 二代目三平の襲名披露を見に、末広亭へ行く。小朝さんの高座を前から見て、滑舌の良さ、軽さ、艶と色気、なめらかさに驚がく。艶と色気は同じかな。この人が本気を出したら、どんな落語家もかなわないだろう。

 今、新宿で一番の老舗喫茶店”らんぶる”でこれを書いている。地下二階まである。地下一階が好きなのだが、禁煙になってしまって、一階にいる。11時までやっている。今、午後10時。こういう所にいられるのは、幸せな事である。長野にいた頃は、午後7時になると真っ暗になり、あの頃は寂しかったなあ。

 夜、新宿の街を歩いていると、師匠柳昇が女連れで歩いていて、よく出っくわしたっけ。いい女を連れて照れていたっけなあ。師匠は本当に女好きだった。スタミナもあった。男はああでなくてはいけないのだ。懐かしいねえ。

 

 師匠クラスの人は、50歳過ぎるとほとんど落語のケイコはしなかった。俺はまだやっている。若い頃やらなかったツケが今になって来ているのだ。

 苦しいねえ。おっ母さーーーーーん。

 

|

« 柳昇チルドレンの会ありがとう | トップページ | 黄金週間終り、さあ「らくだ」か »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

本日の「裕次郎」楽しかったですよ。
しばらく前に早朝テレビの「金満家族」?だったか
それを偶然拝見してすっかり桃さんのファンになりました。
一度「生」のお姿をみたいな?と
今日は張り切って永田町まで行きました。
テレビよりも見栄えが良かったので
ほっとして
笑ってしまいました。
これからも楽しい舞台を!
こういう芸人さん(知らない人)にメールするのは初めてです。

投稿: ききちゃん | 2009年7月10日 (金) 21時50分

今日(27日)の浅草は
テレビ録り(チバテレビ「浅草お茶の間寄席」)でしたね。
師匠も録画対象だったのでしょうか?
久しぶりに「裕次郎物語」を聴けました!
古典も良いですが、
寄席での新作は鉄板ですね!

この番組は、私の地域では放送されないので、(以前はtvkを通じて楽しめたのに、昨年打ち切りになり残念)生の高座(しかも大好きな噺)を楽しめて良かったです!


投稿: ヘイロー | 2009年4月27日 (月) 23時11分

桃ちゃんこの頃古典づいてますね。
私は古典も好きですが、桃ちゃんの新作も大好きでーす。またドンドンやって笑わせて下さい。
ファンクラブできたようですが、私も応援してますよ!

投稿: ノンちゃん | 2009年4月26日 (日) 23時10分

ポンタさん、あやのさん、厩さん、さやさん、コメントありがとうございます。
あやのさん、『桃様ギャルズ』御苦労様です。柳昇チルドレンの会の打ち上げの時高田センセーも、「桃太郎ギャルズを作ろうかなあ」と言ってくれました。俺は黙っていましたが。さて、どうなるんでしょうかねー。

投稿: 桃太郎 | 2009年4月23日 (木) 23時00分

桃太郎師匠の話は 聞いて納得 稽古稽古なんですね~?
それで、面白い落語が出来るのですね~
遊びが芸のこやしになる時代やない
名前を出された師匠達 尊敬します。

投稿: さや | 2009年4月23日 (木) 20時25分

加藤社長は本当に生真面目で良い方です。

花魁は素晴らしかったですょ。また聴きたいなぁ

投稿: 厩 | 2009年4月23日 (木) 12時11分

桃様の高座は、いつでもどんな時でも
心から楽しく拝見させて頂いております♪

でも、こうやってブログに本当の心の内を書いてくださると
高座とはまた違った桃様を知る事が出来て
ますますファンになってしまいます。。。

実は、桃様のお許し無しに、友人と
『桃様ギャルズ』を結成して応援させて頂いております!
(申し訳ございません。。。)

これからも桃様トークを楽しみにしております!

投稿: あやの | 2009年4月23日 (木) 00時59分

評判の爆笑「鰍沢」を初めて聞きました。

「いいーーーー女

そんなに力入れることは無いけど

いいおんなと言っちゃうと軽くていけない」

がでて「志ん生そっくり」と声をかけようと思いましたが

会場がそれほど騒がなかったので残念ながら止めました。

これからも爆笑中典を宜しく。

今までの桃太郎駄洒落まくらも時間あればお願いします。 

投稿: ポンタ | 2009年4月22日 (水) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柳昇チルドレンの会ありがとう | トップページ | 黄金週間終り、さあ「らくだ」か »