« 沈黙の喫茶店 | トップページ | 桑原さん、森さん淋しいヨー »

長短は楽しい♪

  tulip御徒町で出会った赤ちゃん

Photo_10  落語「長短」を覚えて5回やったが、演じていて実に楽しい落語だ。30年くらい前に志ん五さんに教わったが、気の長いほうがどうしても出来なかった。年を取って、改めて平治に教わり自分なりに工夫を加えてやっている。そんなにウケる話ではないが、実に気持ちがいいのだ。落語家生活40年で、初めて俺は落語家なのだという実感を持った。

 生前、文治師匠は「長短」と「親子酒」をこなせたら落語家として本物だと言ったという。その位難しい噺らしい。 新作をやっていた俺が、現在「春雨宿」や、「長短」をやっている現実が我ながら信じられないのだ。

 思えば、20年くらい前師匠柳昇が、桃太郎と昇太は古典をやれとよく言っていた。あの時は、二人があまりに新作でウケすぎるので、焼きもちを焼いているのかと思っていたが、現実の俺と昇太を見ると師匠の慧眼は素晴らしく、つくづくありがたいと思う。気がつくのが遅かった俺がバカだったのだ。昇太はいつも気がつくのが早い。俺は気がつくまでにいつも10年かかるのだ。それが、俺と昇太のすべての差に出ているのだ。

 古典をやり始めたら、色んな人が協力してくれるようになった。オフィスMズの加藤プロデューサーからも、今日TELがあり俺の会を企画してくれると言う。ありがたいことである。

 落語に夢中になって女性に興味が無くなってきた。これは良いことなのか、いけないことなのか?それにしても師匠はすごかった。両方とも実に超マメであった。

 都民寄席で日野市民会館へ行く。無料のせいか、1200人のお客様で満員。夜は池袋演芸場で、25人のお客様でホッとする。

 中村橋の洋服屋に言って春のズボン2本仕立てる。隣に「焼き肉亭」という焼肉屋があり、あそこはうまいかと洋服屋に聞くとうまいと言うので、上カルビ2人前分食べる。5,055円なり。

 帰りに東長崎の床屋へ行き、喫茶店に寄り又ガーリックライスを食べてしまった。俺は食うことしか楽しみのない白豚である。そこで、この原稿を書いている。これを又妻が時間をかけて打ち込むのである。桃太郎夫妻、ご苦労様でーす。

 マスターが俺に気を使ってビートルズをかけてくれるが、前ほど感動はない。今一番楽しいのは、やはり落語をやっている時だろう。それも寄席で、80人位の客の前でまったりとやっている時だ。これは幸福なことであるとしみじみ思う。しかし、ここんとこ忙しくて寄席にも出られないが。

 スカイパーフェクトテレビから、20分落語をやって、その後女優が水着で大喜利をやるので、それに絡んでもらいたいとの依頼が来る。しかし、もうそんな歳でもないのでと丁寧にお断りする。水着の女優というので興味もわくが、そうもいくまい。

 十条に着き、又喫茶店に寄る。喫茶店代月に5万円なり、チーン。

|

« 沈黙の喫茶店 | トップページ | 桑原さん、森さん淋しいヨー »

桃太郎日記」カテゴリの記事

コメント

皆様たくさんのコメントありがとうございます。
ポンモモさん、桂小南師は「長短」はやらなかったと思います。ポンモモさんが見たのは、先代の雷門助六師だと思います。私も助六師は好きな落語家でした。今私がやっている「春雨宿」は助六師匠から伝わったものです。

投稿: 桃太郎 | 2009年3月14日 (土) 23時31分

「長短」てもともと爆笑する噺ではないですか。昔学生時代小南の噺を新宿で最後まで引きずり込まれて聴いたことを思い出しました。長の方ののんびりした関西弁が印象的でした。

投稿: ポンモモ | 2009年3月13日 (金) 21時11分

今回の日記はなんだかかっこいいですね。
師匠のブログを読んでこんな気持ちになったのは初めてです。

投稿: | 2009年3月13日 (金) 08時06分

師匠の「長短」大爆笑でした。
初めて聴く「長短」が師匠だった私はラッキーですね。
うわぁ~なんて面白い話なの!と驚きました。
二人を演じ分ける師匠は役者さんみたいでしたよ。


投稿: noshiko | 2009年3月13日 (金) 02時16分

赤ちゃんの まっすぐな視線・・・ かわいいですね~
自分も食べる事が大好きなので 師匠の文章を読んでいて
楽しい気分になります

落語を演じていて 気持ちが良い・・・ですか
チャンスがあったら 師匠の高座 拝聴したいです(* ̄ー ̄*)

投稿: RS | 2009年3月13日 (金) 00時28分

私が初めて「長短」を
聴いたのは、約25年前、先代の小さん師匠からでした。
但し場所は大阪、
道頓堀の角座でした。あの千人も収容する劇場で、しかも
当時「長短」をほとんど
知らない関西の客の前で
淡々と演じていましたが、
皆きょとんとしていました。
「長短」はやはり池袋や新宿
あたりで、
まったりと楽しみたいですね。
(今では上方の咄家さんも演じるようになったようです)


投稿: ヘイロー | 2009年3月12日 (木) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈黙の喫茶店 | トップページ | 桑原さん、森さん淋しいヨー »