« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

今年もありがとう

359chick小朝さんの愛弟子ぽっぽちゃんと…鯉朝もうれしそう、僕も女の弟子がほしいなー

 今年も終わりだ、早かった。一年が3ヶ月位に感じる。今年は古典にかかりっきりだった。「死神」「鰍沢」「春雨宿」「弥次郎」「壷算」この五つを覚えた。ポニーキャニオンの瀧口氏は、すぐにでもCDにしたいと言う。他にテイチクからも話があり、すでに先日、営業部長氏に挨拶を頂いた。

 権太楼さんやさん喬さんは何年もかけて、話を練りに練ってからCD化するが、俺の場合は覚えて二回位やってすぐにCD化するのだから、乱暴な話である。今、十条の喫茶店「梅の木」でこれを書いている。二階の窓際に座っていると、下を美人が通る。十条銀座は美人が多いのだ。見とれていても、妻がやきもちを焼かないので助かる。

 来年は「浜野矩随(のりゆき)」を覚える。これもオフィスMズの加藤社長の推薦である。加藤氏はお金にきれいなので、芸人達にとても信用がある。これからネタを覚える時は、加藤氏か、長井好弘氏か、木村万里氏に相談するように、落語界に影響力のある某氏に言われる。そしてネタを決めると、行田の小山氏にDVDかテープを送ってもらう。小山氏にも大変感謝しています。

 鶴瓶ちゃんから電話くる。今、吉永小百合氏と兄弟役の「おとうと」という映画の撮影中という。そのあとニッポン放送へ行き、そしてテレビ朝日へ行って、終わるとハワイへ行くという。日本一の売れっ子落語家はすごい。東京で彼の人気に対抗できた落語家は、過去の話になるが、今の円蔵師匠の円鏡時代と亡くなった三遊亭小円遊氏だろう。

349_4  chick芸協花伝舎落語会にて

 今年も日本中の喫茶店によく行った。1200回位行ったろう。これは世界新記録だろう?これだけ行って、見返りはキーコーヒーの雑誌から取材があった事位か。

 DVDで小三治師匠の「長短」を見る。すごい、ものすごい、子供まで大笑いしている。今思えば、二ツ目の頃、師匠柳昇に「お前は小三治さんに雰囲気が似ているので、ケイコに行け」と言われた事を思い出す。元日は大勢人が来るので、支度が面倒なので鍋にする事にした。家族は大変だろうが、客が一杯来るような家でなければダメと言い聞かせる。

 来年の目標は三代三遊亭金馬師匠の座右の銘「嬉しかったらケイコしろ、悔しかったらケイコしろ、腹が立ったらケイコしろ」、これしかない所に俺は追い詰められている。しかし正月の寄席は、文治、柳昇両師匠がいないとやはり淋しい。

 それでは皆さん、来年もよろしくね。

| | コメント (5)

あ~鰍沢

342_2

 桃太郎トークショーが終わった。高田文夫さんも見える。ありがたいことに、ラジオビバリーヒルズではずいぶん宣伝していただいた。「鰍沢」を聞いた高田先生に「爆笑”鰍沢”だね。本当に初演なの?」と言われる。

 しかし、この落語でこんなに笑わせていいものかどうか考えてしまう。

 ドーバー洋酒貿易の会長様に10万円位の胡蝶蘭を頂くribbonもったいないので舞台に飾る。ありがとうございましたm(_ _)m近藤会長様いつもありがとうございます。今度は会長推薦の「品川心中」をやります。

 「夫婦でトーク」はまあ、あんなものだろう。1時間があっという間に時間が過ぎてしまった。妻もお客さんの前でしゃべるが、快感をかんじた様だ。来年も使ってやろうヾ(*゚A`)ノ

 お蔭様で超満員でしたが、普段見たことのないお客さんが多数見えていた。これも、「鰍沢」の影響だろうなあ。「鰍沢」ではめったに汗をかかない俺が汗をかいていた。やはり力がはいっていたのだろうか。

336_3

338_4  今回もプロデュースしてくれたオフィスエムズの加藤社長、DVDなどの資料を送っていただいた行田の小山さん、サンケイスポーツのA運動部長など身近な人の協力で、まあまあの成功になりました。

 また、茨城からかけつけた坂口・皆川さん、イギリス帰りの白川御夫妻様、小林さん、十条から来ていただいた井泉のとんかつが好きな黒崎会長・山田御夫妻様、多数のお客様、そして当日いらしたのにご入場できなかった皆様、誠にありがとうございました(そして、申し訳ございませんでした)o(_ _)oペコッ スマヌ(*_ _) 

 帰りに、加藤・小山両氏と妻と4人で食事に行く。そこで加藤氏に、権太楼さんが朝までケイコしているという事を聞く。やはり上に行く人は、それなりの努力をしているのだ。さん喬さんも同じ様にやっているのだろう。

 芸術協会では、鯉昇が売れてきた。地道に努力して来たのが開花したのだろう。弟弟子の鯉昇、昇太とすごいので、兄弟子の俺もウカウカしていられないのだ。やきもちなど焼いている時間がないのだ。

 小朝さんに言われてやった「死神」、加藤・小林氏に言われた「鰍沢」とやって、来年のトークショーでは「芝浜」でもやっつけようかなあ。

 又、長井好弘さんに推薦されてやった「御見立て」は、来年ポニーキャニオンからCDとして発売されます。こうして見ると皆、他人様のおかげで、なんだかねえ…。

 きょうは池袋演芸場へ行く。演芸場の進藤氏に名古屋うどんがうまいというので、場所を教わって行って、味噌煮込みうどんを食べるが、まずいまずい(ノ∀`) アチャーあまりにもまずくて、料理人にどんぶりをぶつけたくなる。

 帰ってから、小山氏に頂いたWOWOWのDVDkaraoke桑田佳祐の「紅白歌合戦」を観る。吉田拓郎と桑田佳祐は天才である。とてもかなわない。

| | コメント (5)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »